食品製造機械の設計

装置の納期を短縮し、キャッシュフローの改善、利益の確保につなげる

Solid Edgeの無償評価版

Industrial Food Processing

業界インサイト

Solid Edgeを活用した食品製造機械設計時間の短縮

Solid Edgeの活用により、製造企業は新製品の設計を合理化し、納入時間の短縮と利益の向上を実現

詳細情報

概要

食品製造機械設計
プロセスの迅速化

食品製造機械メーカーは、新たなビジネスを獲得して利益を維持しながらも、顧客の要件を満たした高品質の製品を提供しなければならず、多くの課題を抱えています。その一部を次に紹介します。

Icon: Stopwatch
  • 自社の製品(装置)が、顧客にとってどれほど大きなメリットになるかを示す
  • 関連業界の規格をすべて満たす装置の設計と製造、および規格準拠証明の文書化
  • 人件費の削減、作業環境の改善、およびオペレータの安全性の向上を実現する装置を求める顧客への対応
  • 消費電力など、装置の運用コストの削減
  • 容易なクリーニングとメンテナンス、および高い信頼性を実現する装置の設計
  • 優れた設置サービスと継続的なサポートサービスの提供

食品製造機械メーカーは中小規模の企業が多く、大企業のようにハイエンドのソフトウェアソリューションの導入やメンテナンスに投入できる十分なITリソースを持ち合わせていません。従って、CADとしてプロ仕様の能力があって、しかも実装と維持が容易、さらに低価格の生産性ソリューションが求められています。

機能

低価格でプロ仕様の生産性ソリューション

食品製造機械の設計、検証、および製造向けのSolid Edgeソリューションを活用して、このような課題を克服できます。Solid Edgeは、要求の厳しい食品製造機械ビジネス環境での成功に役立つ、次のような特長を備えています。

エンジニアリングプロセスをデジタル化。製品開発プロセスをデジタル化してビジネスを大変革させます。3Dデジタルモデルでエンジニアリングプロセスを合理化させます。製品開発ライフサイクル全体を通じて3Dモデルにインテリジェスを付加

次世代設計で生産性を向上。 リバース・エンジニアリングによって既存設計のデジタル表現を作成します。アセンブリモデリングでは最大10万点の部品に対応した大規模アセンブリを管理。ジェネレーティブ・デザインで製品を最適化

3D CADで機械設計を加速。シンクロナス・テクノロジーによって3D CADへ履歴なしのアプローチが使えます。複雑な部品やアセンブリを素早く柔軟に設計できます。設計形状を直接扱い、即座に変更を反映

設計意図の可視化。3Dレンダリングを使って製品案の画像やアニメーションを写真のようにリアルに作成できます。新製品の価値を見込み顧客に伝えられます。拡張現実 (AR) を使うことで、設計を実際の環境に当てはめて検証できます。

電気機械設計を統合。業界で定評のある配線およびハーネス設計の機能を使って、完全に機能する、製造可能な設計を作成できます。電気エンジニアと機械エンジニア間でECADとMCADのシームレスなコラボレーションを可能にします。

3Dプリンティングに向けた準備。エンドツーエンドのワークフローに対応した、最新のアディティブ・マニュファクチャリング3Dプリンティングの技術を使って製品を製造できます。

板金モデルを苦労せずに作成。2Dスケッチから3D板金モデルを作成します。強化されたロフトフランジや曲げ部分のバルジ逃げといった独自機能を使って複雑なモデルを作成します。

さまざまな製造手法へのアクセスを効率化。CNCマシニング、ネスティング、切断、曲げ、鋳造、溶接、組み立て、そしてアディティブ・マニュファクチャリングなど、従来の製造プロセスから新しい製造プロセスまで幅広く定義して実行できます。

顧客要件や規制要件に準拠。要件管理によって顧客要件や規制要件を管理します。設計エンジニアが要件を簡単に確認して、要件の達成状況を追跡できるようにします。

ペーパーレスの3Dドキュメンテーションの実現。モデルベース定義によって2D図面ではないアノテーション付き3Dモデルを使うことで、より効率的に伝達し、製造コストを削減できます。ドキュメンテーションにかかる時間を削減します。

製品パフォーマンスを検証して向上。バーチャルプロトタイピングを実現するモーションや振動を統合した新しいスケーラブルなシミュレーションツールで製品パフォーマンスを検証して向上させます。XLIFF形式でデジタル設計ドキュメンテーションをグローバルに伝達できます。

モジュール式のプラント設計を自動化。プラント設計に対応した3D配管設計、包括的な部品ライブラリ、完全自動化されたIsogen®の図面出力機能を使った、モジュール式のプラント設計を自動化します。

クラウドで製品データを共有。クラウドベースのコラボレーションによって提供元に関係なく製品情報を安全に共有できます。

データの再利用と移行を簡素化。ほかのCADソリューションで作成した3Dモデルと2D図面の再利用と移行を簡素化させます。3Dモデルのインテリジェンスと2D図面の関連性を保持します。

簡単に、安全にデータを管理。スケーラブルなデータ管理ソリューションを使って製品データを効率的かつ安全に検索、管理、共有できます。内蔵のデータ管理機能とTeamcenterとの統合によってあらゆる製造企業のニーズに対応します。

Solid Edgeは、3D CAD、電気設計、シミュレーション、製造、データ管理機能など、産業機械向けの使いやすい設計ソリューションを統合したポートフォリオを手頃な価格で提供し、設計環境向上を支援します。

お客様ハイライト

食品製造機械の設計時間を短縮

Reading Bakery Systemsでは、プレッツェル、クッキー、およびクラッカーの大量生産装置の設計と製造を行っています。
同社では、Solid Edgeを使用することで、設計の生産性が63パーセント向上しました。

課題

  • 製品には、大掛かりなカスタマイズと何千もの図面が必要
  • 多額の費用を発生させる違約条項を回避するために顧客納期は厳守
  • 管理されていない時代遅れの設計は、コストのかかるやり直し作業の原因になり、信頼できない

成功の鍵

  • 旧来の2D設計プロセスから、より生産性の高い3Dへの移行
  • アセンブリモデリングでの板金設計機能を備えた使いやすく強力な3D設計システムを見つける
  • 設計の整合性を保証し、エンジニアリング部門外でも製品情報を共有する設計管理の実現

効果

  • 設計生産性が3パーセント向上
  • 詳細な図面の作成時間が3.2時間から1.2時間に短縮
  • 初年において約3倍の図面を製作
  • RBSの全従業員(製造、購買、販売、CNCショップ)の約半分が現在最新設計データにアクセス可能

お客様の事例

Solid Edgeと工業用食品製造機械設計

その他の事例