板金設計

Sheet Metal Design

Solid Edgeでの完全に自動化された板金設計

製造可能性など、板金設計に特有の課題に対処するために、Solid EdgeはCAD設計から展開パターン、図面作成に至る板金の製品開発プロセス全体を合理化します。汎用CADツールと異なり、Solid Edgeには、エンボス、絞り、穴あき絞り、ビード、コンターフランジ、ストレートブレーキ、エッチングなどのシートメタル固有の機能が付属しています。Solid Edgeに統合された解析ツールや、NCプログラミング、その他のツールによって、設計時間の短縮、品質の向上、コストの低減を図ることができます。

少ない工数で板金モデルを作成

簡単に2Dスケッチから板金モデルを作成した後、3D形状を直接編集できます。Solid Edgeのシンクロナス・テクノロジーを活用すれば、履歴ベースCADとは異なり、フィーチャそのものを編集することができます。フィーチャの順番変更や再編成、名称や種類をキーにしたソートが可能です。板金設計に特化した機能を使えば、スケッチやパラメーター入力により、関連のないジオメトリや下流フィーチャを再生成しなくても、ディンプルやビードなど板金特有のフィーチャを作成して編集できます。さらに、Solid Edgeでは、ソリッドパートの形状に合わせた板金部品を作成できます。

Faster Sheet Metal Design

設計プロセスのどの段階でも簡単に形状編集可能

設計意図を保持したまま、板金モデルに予定外の設計変更も簡単に加えられます。ドラッグでの形状編集中や寸法値変更中に、ジオメトリ条件やモデルパラメーターなどの設計意図を自動的に認識して維持します。3D板金モデルのパーツに、駆動寸法を後から追加できます。従来のCADシステムと異なり、Solid Edgeのシンクロナス・テクノロジーでは、編集の際にモデルが作成された順番を気にする必要はありません。あるいは、関連のないフィーチャを作成し直す必要もありません。最初のオペレーションも最後のオペレーションと同じ速さで編集することができます。

Easy Sheet Metal Changes

サプライヤのデータと従来の3D設計のシームレスな再使用

板金モデルのファイルをインポートし、利用可能なパーツに変換して直接編集できます。Solid Edgeでは、板厚や曲げなど、インポートしたパーツの主要なパラメーターが認識されます。Solid Edgeでは、インポートしたパーツを、最初からSolid Edgeで作成したジオメトリと同じように扱えます。モデルを作成し直さなくても、タブやフランジといったフィーチャをドラッグするだけで、設計・編集できます。

Reuse Sheet Metal Designs

目的に特化した形状作成機能で時間短縮

Solid Edgeには板金設計に特化した機能が備わっており、汎用CADツールと比べて大幅に生産性が向上します。ダクトを作成する「ロフトフランジ」、ホッパーを設計する「パーツからシートメタルへの変換」、プレス部品から展開形状を作成する「ブランクボディ」など、板金設計プロセス専用のコマンドを使用して、より素早くシートメタル部品のモデルを作成できます。設計検証機能により、材料の取り合いを自動計算し、パーツの製造可能性を検証することで、さらに時間を短縮できます。また、すぐに製造を開始できる品質のシートメタル展開パターンを作成することができ、無駄ややり直しをなくすことができます。

設計検証機能を使用した品質の向上

Solid Edgeは他にはないモデル検証機能によって製造可能性を確認できるため、実際に作成するプロトタイプを削減できます。Solid Edgeには、曲げ間の距離などのパラメーターを自動測定したり、コストや変数、表面積などを計算できる「センサー」が付属しています。また、スケーラブルな有限要素解析機能を使用して、設計の初期段階にシミュレーションを実施し、シートメタル部品の品質の向上、製品の不具合を低減しながら、材料の使用量や重量を最小限に抑えます。

正確な図面を素早く作成

Solid Edgeは、業界屈指の生産性を誇る図面作成システムにより、曲げテーブルなど、シートメタル図面の作成を合理化させます。成形および展開したコンポーネントは詳細化し、寸法を記入し、関連付けた状態で保持できるため、設計変更したときに自動的に更新されます。曲げテーブル、シェーディング表示したビュー、アセンブリの分解図、詳細図、断面図を、図面内で素早く作成することができます。マイクロソフト標準のOLE技術(オブジェクトのリンクと埋め込み)を使用すると、図面全体、曲げテーブル、または個々のビューをWord、Excel、PowerPointなどの他の文書形式で再使用し、マニュアルや技術仕様書、カタログなどを簡単に作成することもできます。

Sheet Metal Drawings

NC加工に適した展開パターンの作成

Solid Edgeは業界標準の算定式を用いて、NC加工に適した展開パターンを作成しますが、曲げ条件に基づいたユーザー独自の式も柔軟に定義できます。製造工程においては、Solid Edgeの展開パターンは常に最も効率的なカットシートサイズを示してくれます。また、Solid Edgeでは、個々のシートメタル製造プロセスに最適な変形フィーチャを表現できます。曲げテーブルは3D部品内に保存して、曲げ順の記録や図面での使用が可能なほか、エクスポートしてCNC工作機械のプログラムにも利用できます。また、円錐形状で使用する三角形の曲げ線を設定して四角い板から円形または円錐形状を作り出す、シートメタルの変形作業を行うユーザーにとって重要な機能もサポートしています。

NC Ready Flat Patterns

複雑なモデルを簡単に構築する独自機能を使用

3D CAD環境で、強化されたロフトフランジと独自の曲げ部分のバルジ逃げ機能で、複雑な3D板金モデルを容易に作成できます。ロフトフランジは製造性を向上させ、1対1、1対多、円弧対線、対称、非対称、平行、非平行などさまざまなケースに対処します。独自の自動逃げ追加機能は、ロフトフランジの作成をさらに向上させます。また、新しいロフトフランジの曲げオプションは、作成の柔軟性と正確な展開パターンをもたらします。さらに、曲げ部分のバルジ逃げの新機能は、単純な曲げ終端部に逃げを追加します。ロフトフランジは農業用機械の設計や工業用食品加工機械の作成に特に便利です。金属板が曲げられるときに起きる機械的な変形、つまり曲げバルジは緩和させることができます。この作業は製造において必要なステップです。

Solid Edgeの無償評価版

Sheet Metal Design | Solid Edge

無償のソフトウェア

無償の3D設計ソフトウェア

Solid Edgeの無償評価

Solid Edge無償評価版にすぐにアクセスして、ご自分でお試しください。

スタートアップ企業を支援する無償のソフトウェア

事業の立ち上げから3年以内のスタートアップ企業であれば、Solid Edgeを無償でご利用いただけます。 申込金は不要です。

ビデオ

実際に使用されているSolid Edge板金設計

Solid Edgeのコア設計機能に、板金設計に固有のニーズに合わせたシンクロナス・シートメタル環境があります。

その他のビデオを見る

お客様の事例

実際の企業がSolid Edgeでの板金設計の有効性をどのように考えているか

その他の事例