ジェネレーティブデザインで実現する、Solid Edgeでのトポロジー最適化

使用する材料、設計上許される空間、許容荷重と拘束条件、目標とする質量を定義すると、最適な形状が自動的に導き出されます。生成された部品は、そのまま3Dプリントすることも、Solid Edgeでさらに改善を加えて従来通りの製造プロセスに送ることもできます。

無償評価をお試しください

機能

トポロジー最適化を土台とする強力な3D設計ツール

部品の軽量化はもちろん、製造での材料の無駄を最低限にするなど、ジェネレーティブデザインのメリットは多岐にわたります。また、高度にカスタマイズされた複雑な形状は、鋳造や最新の高精度なアディティブ・マニュファクチャリング・プロセスで威力を発揮します。ジェネレーティブデザインを活用することで、重量と強度の間で最適な設計を作成し、目的の製造プロセスに合わせて調整することができます。

Generative Design Capability

CAD部品での効率的なトポロジー最適化

特定部品の材料、最大外形(設計領域)、荷重条件、制約条件などのパラメータに基づいて、強度を維持したまま最適な質量になる形状を計算します。複数の重量目標、荷重条件、および拘束シナリオを比較検討することもできます。

そのまま3Dプリンティングに使用

ジェネレーティブデザインで生成した部品は、そのままアディティブ・マニュファクチャリングに使用できます。最新の高解精度な3Dプリンターでは複雑な形状を処理でき、新製品の市場投入期間の短縮や交換部品の生産速度の向上が可能です。

Generative Design Capability

コンバージェント・テクノロジーよる設計の進化

ジェネレーティブデザインで生成した最適化されたコンポーネントは、Solid Edgeのコンバージェントモデリングとシンクロナス・テクノロジーを使用して、さらに変更を加えられます。結果として得たメッシュモデルは通常のモデル編集プロセスにシームレスに取り込み、最終的な部品形状に仕上げられます。三角形メッシュからB-Repへの変換という、単調かつ低精度な作業を待つ必要がなくなりました。

無償のソフトウェア

無償の3D設計ソフトウェア

Solid Edgeの無償評価

Solid Edge無償評価版にすぐにアクセスして、ご自分でお試しください。

スタートアップ企業を支援する無償のソフトウェア

事業の立ち上げから3年以内のスタートアップ企業であれば、Solid Edgeを無償でご利用いただけます。 申込金は不要です。

ジェネレーティブデザインが重量を節約し、部品を独特な外観にし、これまでの部品と異なるものにすることは最初から知っていました。

Craig Hall, Owner, Hall Designs

ビデオ

実際に使用されているジェネレーティブデザインをご覧ください

この先進のトポロジー最適化ツールは、部品の軽量化と材料の無駄の削減を実現し、高精度な3Dプリンティングに最適なデザインを作成することができるようになります。

その他のビデオを見る

Solid Edgeでのジェネレーティブデザイン

このデモンストレーションでは、Solid Edgeに組み込まれたジェネレーティブデザイン機能が、製品開発にいかにイノベーションをもたらし続けるかを紹介しています。ジェネレーティブデザインは、耐荷重やその他の設計条件を考慮して、定義された空間内で最適化された有機的かつ軽量な部品形状を導き出します。