リバース・エンジニアリング: 3DスキャニングからCADへの移行

Solid Edgeは、強力な3D設計ツールと併せて、メッシュ(三角形ベースのデータ)を処理するスマートな機能を備えています。他のシステム、3Dスキャンデータ、ジェネレーティブデザイン解析で生成されたモデルをボディとしてインポートできます。これらはすべて、三角形(ファセット)のメッシュとして取り込まれますが、多くの場合修正が必要になります。

無償評価をお試しください

機能

常識を超える3D設計機能

Solid Edgeのメッシュクリーンツールでは、インポートに起因するエラーを排除し、次のモデリング作業に使えるファセットを直感的な操作で作成できます。メッシュを最適化したら、部分ごとの領域を作成します。これらの領域からサーフェスを作成して、従来のモデリングツールで編集できるようにします。

Create Workable Meshes

メッシュデータの加工

インポートしたメッシュボディはそのままでは使えないこともあります。Solid Edgeには、ファセットまたはメッシュの部分的な削除、欠損部の充填、メッシュの平滑化を行うツールが用意されています。これらのメッシュクリーンアップオペレーションで製造に使用するファセットボディの準備作業が行えます。

Model Preparation Made Easy

モデル準備が容易に

ファセットから解析幾何形状(数学的に表現できる形状)を作成するのに最も重要な作業は、論理的なファセット形状を見つけることです。「領域の定義」ツールを用いることで、三角形パッチを論理的なグループに分類して解析面を作成することができます。

Reverse Engineering

直感的なサーフェスの作成

インポートしたデータの上にネイティブなサーフェスを作成できなければ、リバース・エンジニアリングは真の価値を発揮することはできません。Solid Edgeには、メッシュ領域からフェイスを抽出するコマンドだけでなく、領域の上に解析面をフィットさせるコマンドもあります。

無償のソフトウェア

無償の3D設計ソフトウェア

Solid Edgeの無償評価

Solid Edge無償評価版にすぐにアクセスして、ご自分でお試しください。

スタートアップ企業を支援する無償のソフトウェア

事業の立ち上げから3年以内のスタートアップ企業であれば、Solid Edgeを無償でご利用いただけます。 申込金は不要です。

ビデオ

実際に使用されているリバース・エンジニアリングをご覧ください

Solid Edgeには、強力な3D設計ツールと併せて、メッシュ(三角形ベースのデータ)を処理するスマートな機能を備えています。

その他のビデオを見る

Solid Edgeでのリバース・エンジニアリング

このデモンストレーションでは、従来の3D設計機能を超えるSolid Edgeのリバース・エンジニアリングを紹介します。他のシステム、3Dスキャンデータ、ジェネレーティブデザイン解析で生成されたモデルをボディとしてインポートできます。これらはすべて、三角形(ファセット)のメッシュとして取り込まれますが、多くの場合修正が必要になります。