次世代の設計を今すぐ実現

Solid Edgeに位相最適化、アディティブ・マニュファクチャリング、リバース・エンジニアリングの各機能が加わりました。シーメンス独自のコンバージェントモデリング技術によって実現されたこれらの機能は、従来の形状編集ツールと併用でき、開発プロセスにそのまま取り入れることができます。

Solid Edgeの無償評価版

機能

次世代の技術の詳細はこちら

目標を設定して行うジェネレーティブデザインにより最小限の質量で最適な形状を生成したり、リバース・エンジニアリングで既存部品にさらに改良を加えることもできます。シンクロナス・テクノロジーを活用して変更が簡単に仕上げにはアディティブ・マニュファクチャリングを使用します。出力は自身で3Dプリントすることも、オンラインのサービスを利用することもできます。

ジェネレーティブデザイン

強力な設計ツールにトポロジーの最適化機能が加わったジェネレーティブデザインは、より軽量のコンポーネントを高速で仕上げるため、今日のアディティブ・プロセスによる即時製造に最適です。または、従来の製造手法向けにSolid Edgeで形状をさらに改良することもできます。

コンバージェントモデリング

Solid Edgeでは、メッシュモデルを設計ワークフローに組み込むことができます。時間がかかりエラーを起こしやすい変換をせずに、従来の“B-Rep”ソリッドモデルと三角形メッシュモデルをシームレスに結合できます。

アディティブ・マニュファクチャリング

Solid Edgeのアディティブ・マニュファクチャリングソリューションでは、最新の3Dプリンティングやアディティブ・マニュファクチャリング技術を併用してトップクラスの製品を作製可能。

3Dリバース・エンジニアリング

高解像度の3Dスキャナーが急速に普及してきています。手描き図面の時代に作られた部品でも、改めて3Dモデリングしなくても、スキャンデータを使うことで、現代の手法に合わせて再利用できるようになってきました。Solid Edgeでは、パワフルなリバース・エンジニアリングのツールと機能を活用することで製品のスキャン、編集、製作を迅速に行えます。

シンクロナス・テクノロジー

Solid Edgeでは、ダイレクト・モデリングのスピードとシンプルさに、パラメトリック設計の柔軟性と制御を融合した、独自のシンクロナス・テクノロジーを搭載しています。3Dでの設計・編集作業をより速く、より簡単に行えます。シンクロナス・テクノロジーにより、コストを意識して設計し、製品開発を予算内でスケジュールどおり進められます。

無償のソフトウェア

無償の3D設計ソフトウェア

スタートアップ企業を支援する無償のソフトウェア

事業の立ち上げから3年以内のスタートアップ企業であれば、Solid Edgeを無償でご利用いただけます。 申込金は不要です。

学生版Solid Edgeのダウンロード

Solid Edge学生版は、プロが使用するのと同じソフトウェアの無償バージョンです。これを活用して必要なスキルを習得してください。

ビデオ

次世代のSolid Edgeを見る

メッシュモデリングにジェネレーティブ・デザインを組み合わせて、1レベル上のリバースエンジニアリングを実現します。

その他のビデオを見る

Solid Edge 2019での次世代の設計

同じジェネレーティブ・デザイン・スタディ内に複数の荷重条件を適用します。