<![CDATA[

モデルベース定義

Solid Edgeのモデルベース定義によって、3Dモデルを使った部品やアセンブリの完全なデジタル情報を作成できるようになり、製造および設計環境のデジタリゼーション環境を構築できるようになります。アノテーション付き3Dモデルは複雑な図面に比べてずっと理解しやすく、設計ドキュメンテーションに費やす時間を削減し、下流工程の検証および製造をスムーズに進めます。

より迅速な製造ドキュメント作成、より明確な製造コミュニケーション

デジタル・コミュニケーションは、設計から製造へのプロセスを加速させます。Solid Edgeのモデルベース定義では、PMIや関連するメタデータを含む3Dモデルを一般的な3D PDFを介して伝達するため、製造データをインタラクティブに見ることができます。3Dモデルを駆動するために付加されたPMI情報と、3D PDFファイルに含まれる情報は同一です。したがって、PMIドキュメンテーションを追加で作成する必要はありません。証明に必要なときは、3D PDFフォーマットで紙のドキュメンテーションを簡単に生成できます。

サプライヤーとのコラボレーションに最もコスト効率の良いプロセスを使用

Solid Edgeのモデルベース定義によって、製造会社やサプライヤーはコスト効率の良い、特別な仕様ではないプロセスで3Dエンジニアリングをデジタル管理できるようになります。それぞれのビジネスニーズに合った最もコスト効率の良いソリューションを使用できるのです。製造会社とサプライヤー (またはエンジニアリング部門と製造部門) が同じ環境で作業していなくても、製品および製造情報 (PMI) を交換できます。

基準への準拠

多くの業界はデジタルデータ主体プロセスの標準要件への準拠を要求しており、業界標準へ準拠することは競争上の強みとなります。  Solid Edgeのモデルベース定義は、MIL-STD-31000B、ASME Y 14.41、ISO 16792、DIN ISO 16792、GB/T 24734に準拠しており、STEP AP242を使ってPMIをインポート/エクスポートします。