Solid Edgeシミュレーション

Solid Edgeでの有限要素解析(FEA)

Solid Edge Simulationは、Solid Edge環境内で部品およびアセンブリの設計を設計エンジニアが検証できる組み込み型の有限要素解析(FEA)です。高い評価を得ているFemapの有限要素モデリング技術とNX Nastranのソルバ技術をベースとしたSolid Edge Simulationは、実際のプロトタイプを作成する必要性を大幅に低減します。その結果、使用する材料の節減、テストに要するコストの削減、さらには設計時間の短縮をも実現できます。

機能

Solid Edge内に組み込まれた強力なシミュレーション機能

Solid Edge Simulationは、実際のプロトタイプを作成する必要性を削減します。その結果、使用する材料の節減、テストに要するコストの削減、さらには設計時間の短縮も行えます。

Buckling Simulation

有限要素モデルの自動作成

Solid Edge Simulationを使用すると、ソリッドおよびシートメタル構造の有限要素モデルを自動的に作成できるほか、メッシュを微調整して解析精度をさらに向上させることができます。アセンブリの場合、Solid Edge Simulationは接触箇所を自動検出して、連続する線形接触や接着接触など、コンポーネントのリアルな相互作用を設定することができます。

Thermal Simulation

実際の環境の境界条件定義

Solid Edge Simulationでは、実際の動作環境を再現するのに必要な境界条件の定義が多く用意されています。Solid EdgeのQuick Bar入力オプションやハンドルを使用すると、荷重や拘束をジオメトリ・ベースで簡単に設定できます。時刻歴の結果を見ることで、非定常熱伝導での熱と冷却パフォーマンスを検証できます。

Motion Simulation

包括的でグラフィカルなポストプロセッシングツール

Solid Edge Simulationの包括的でグラフィカルなポスト・プロセッシングツールを使用すると、モデルの挙動を簡単に理解できます。解析の結果、設計を微調整する必要があった場合は、Solid Edge Simulationに搭載されたシンクロナス・テクノロジーを使用して必要なモデル変更を簡単に行うことで、簡単に実行できます。

完全なモーションシミュレーション

アセンブリ内で部品同士がどのように作用し合うかを評価してビジュアル化します。製品の性能が運用サイクルを通じてどう変わるかを把握し、実際の環境でどう機能するかを予測できます。

応力解析とシミュレーション

ビーム解析により、アセンブリの応力を把握して、アセンブリが過剰な強度で製造されていないかどうかをチェックできます。

振動シミュレーション

自由振動での部品またはアセンブリの固有周波数、および固有周波数でどのように変形するのかを見積もれます。

座屈シミュレーション

構造が不安定となる荷重を決定します。これは、薄型部品や、薄型部品を含むアセンブリモデルの場合、特に重要となります。

熱シミュレーション

定常状態の熱伝導解析と熱応力解析の両方の解析を行うことで、機械アセンブリや電気機械アセンブリの熱条件を解析できます。

ビデオ

Solid Edgeでシミュレーションツールの威力を実感

その他のビデオを見る

最高水準のシミュレーション性能を備えた強力なツールとなったSolid Edgeは、設計エンジニアがシミュレーションプロセスを前倒しし、設計をデジタル検証して優れた製品をより短時間で構築できるようにします。

有限要素解析(FEA)スタディを迅速に実施して、荷重条件に照らして構造を評価し、強度要件を満たしつつ材料の使用を最小限に抑えます。これにより、構造的に優れたコスト効果の高い設計を実現します。

Ben Monkton, Lead Mechanical Engineer, Calder

お客様の事例

実際の企業がシミュレーションのメリットをどのように考えているか

その他の事例