Solid Edgeでのコンバージェントモデリング

コンバージェントモデリングは、変換を行うことなく、ファセットボディにB-Repモデリング操作が行えます。

Solid Edgeは、エラーを起こしやすく時間のかかる変換をせずに、従来の“B-Rep”ソリッドモデルと三角形メッシュモデルをシームレスに結合します。シーメンスのコンバージェントモデリングを使用すると、デジタルスキャンした3Dデータやジェネレーティブデザインから得られたモデルに対しても従来のB-Repオペレーションを実行することができます。これにより、やり直しが減少するほか、複雑な形状であってもアディティブ・マニュファクチャリングにより加工できます。

機能

B-Repモデルで使用するのと同じコマンドでメッシュモデルを処理

コンバージェントモデリングを活用すると、ジェネレーティブデザインやリバース・エンジニアリングで作成したメッシュベースのモデルでもシームレスに作業を実行できます。以下に対して従来の操作を実行:

Reverse-Engineering-Convergent-Modeling

デジタルスキャンされた3Dデータ

コンバージェントモデリングにより、スキャンしたデータの作業プロセスが簡略化します。スキャンした3Dデータは、設計を即座に開始できるようにファセット、メッシュデータとしてSolid Edgeにインポートされます。時間のかかる変換プロセスもなければ、手動による形状作成や、サーフェスの構築も必要ありません。

ジェネレーティブデザインを使用して作成したモデル

コンバージェントモデリングでは、ジェネレーティブデザインで生成され、最適化されたコンポーネントをアディティブ・マニュファクチャリングや解析に直接送ることができます。また、Solid Edgeでさらに修正を加えることもできます。結果として得たメッシュモデルは通常のモデル編集プロセスにシームレスに取り込んで、最終的な部品形状に仕上げられます。三角形メッシュからB-Repへの変換という、単調かつ低精度な作業を待つ必要がなくなりました。

Generative design works well together with additive manufacturing to create complex components without the need for expensive tooling

アディティブ・マニュファクチャリングに適した部品

デザインが、従来のモデリングまたはジェネレーティブデザインを使って作成されたものでも、3Dスキャナーからインポートしたものでも、これらを3Dプリンティングやモールド金型設計、解析などに直接使用できます。コンバージェントモデリングは、アディティブ・マニュファクチャリングの材料と技術を活かして、コンセプトを実際の最適化した形状に柔軟に変えることで、さまざまな制約を取り払います。

ビデオ

最新トピック

高精度で低コストの3Dスキャニング、医療用スキャニング、3Dプリンティングの登場により、ファセットデータはエンジニアリングワークフローにおいて広く普及するようになり、その価値も高まっています。その一方で、ファセットデータを使用することのメリットは、一方向の変換へのニーズ、つまりB-Rep形式への1回限りの変換を行いたいというニーズにより減っています。B-Rep形式への1回限りの変換は、多くの技術的な理由により、時間のかかるエラーの発生しやすい処理となっています。

その他のビデオを見る

コンバージェントモデリングによって、通常のCAD(B-Rep)と同様にファセットデータを使用できます。この場合、データ変換なしで、両方の技術の利点をすべて得ることができます。

無償のソフトウェア

無償の3D設計ソフトウェア

Solid Edgeの無償評価

Solid Edge無償評価版にすぐにアクセスして、ご自分でお試しください。

スタートアップ企業を支援する無償のソフトウェア

事業の立ち上げから3年以内のスタートアップ企業であれば、Solid Edgeを無償でご利用いただけます。 申込金は不要です。