Solid Edge PCB Collaboration

Solid Edge PCB CollaborationによってECADとMCAD環境間の障壁が取り除かれ、エレキ・メカのそれぞれの担当者がれぞれの環境で作業しながらも、設計意図を効率的に伝達できるようになります。プリント回路基板とその筐体のどちらも直感的な3Dでビジュアル化できるようになります。PCB設計意図を簡単に作成してエクスポートできます。

電気機械製品を正確に設計するうえで、フォトリアリスティックなPCBコンポーネントのビューは大いに役立ちます。

機能

PCBコラボレーション

  • PCBの設計意図をMCAD環境から簡単に作成してエクスポート
  • IDXデータフォーマットを使って複数領域間でデータを効率的に双方向送信。変更するデータのみ送信
  • PCBコンポーネントのリアルな3Dビューを使って設計開発を促進
  • PCBパスファインダーを使ってPCBコンポーネントの位置を簡単に特定
  • クリックするだけでコンポーネントのプロパティを表示。図面環境で部品を検索する必要はなし
  • 電気ドメインから銅データをスケッチ形式でインポート

Solid Edge PCB CollaborationはSolid Edge PCB Designとシームレスに連携します。また、ECAD/MCAD間のデータ転送にIDXフォーマットを使用する業界主要のほかのPCB設計ソフトウェアとも連携可能です。

ビデオ

Solid Edge PCB DesignとSolid Edge Collaborationの操作デモを見る

配置、拘束、設計ルールチェック(DRC)、写真のようなビジュアル化機能を備えた完全統合された3Dレイアウトによって、MCADのやり直しを最小限に抑えます。Solid Edge PCB Collaborationは、ECADとMCAD環境間でデータを効率的に双方向伝達するため、初回の配置に向けてMCAD環境の設計要素をPCB設計側へ送信できます。

その他のビデオを見る