Solid Edge Electrical Routing

ワイヤハーネス設計をデジタルに統合

Solid Edge Electrical Routingは機械アセンブリに、ワイヤやケーブル、バンドルを効率的に作成、配線、統合する専用のプロセス駆動型システムです。ECADとMCAD環境間でハーネストポロジのデータをよりスムーズに転送し、設計や製造準備にかかる時間を削減します。

機能

電気配線

体系的なワークフロー

部品間を結ぶ3次元パスを素早く定義し、ワイヤ、ケーブル、バンドルのプロパティを定義できます。不規則な既存形状のジオメトリに沿った配線が可能です。また直感的なウィザードを使って、事前設定されたSolid Edgeの部品に電気コンポーネントやコネクターを割り当てられます。設計が完成したら、ワイヤに長さが表示され、電気解析に使用できるように、すぐに使えるネットリストファイルを回路図にエクスポートできます。

設計ルール違反をリアルタイムにフィードバック

内蔵の設計エラーチェック機能によってリアルタイムに設計ルール違反を警告し、ワイヤの隣にあるシンボルで知らせます。ツールチップには問題の修正方法に関する助言が表示されます。

完全なデジタル・モックアップ

デザインの完全なデジタル・モックアップでワイヤをリアルに表現することで、設計から製造へ一気に進められ、高価なプロトタイプを作成する必要がなくなります。

シーメンスの環境間をつなぐ

独自のコネクテッドモードによってECADとMCADの環境を結び、ハーネスデザインの各要素がその都度更新されます。一方の領域で変更を加えると、クロスプロービングによってもう一方の領域の変更箇所がハイライトされます。なお、コネクテッドモードを使用できるのはSolid Edge WiringとSolid Edge Harness Design、Capital Logic、Harness XC間のみです。

ほかの業界標準ツールとの連携

ディスコネクテッドモードでデータを転送すれば、コンポーネントや接続データ用の標準ファイル交換フォーマットを使って、業界標準のECADツールと連携が可能になり、専用のECADツールを持たない企業でもツールの利点を受けられます。

ビデオ

実際に使用されている電気配線機能をご覧ください

Solid Edge Electrical Routingは、Solid Edgeアセンブリにワイヤやケーブル、バンドルを効率的に作成、配線、統合する専用のプロセス駆動型環境です。

その他のビデオを見る

このビデオでは、設計チームが機械コンポーネントと電気コンポーネントの両方を含む完全で正確なデジタル・モックアップを共同作成する方法について説明します。