ユーザーの希望に沿ったクラウド対応設計を実現するSolid Edge

クラウド環境に適用したSolid Edgeでは、1台のPCに縛られずにプロ仕様の3D CADをどこからでも利用でき、しかも自分用に設定した個人設定はPCが変わってもそのまま引き継がれます。また、仕入れ先や顧客とのデータ共有環境が実現されています。 クラウド対応のSolid Edgeでは、IT部門のサポートの必要性が少なくなります。 日々システムのメンテナンスを行う代わりに、生産性向上プロジェクトでの作業に切り替えてはいかがでしょうか。

無償評価をお試しください

機能

任意のデバイスから簡単にアクセス

クラウド対応のSolid Edgeをローカルデバイスから実行することで、一貫した高いパフォーマンスと信頼性を確保できます。 ファイルもローカルに保存されるため、パフォーマンスと信頼性がさらに高まります。 Solid Edgeユーザーは、たとえインターネット接続が遮断されてしまった場合でも、支障なく作業を続けることが可能です。 これは、移動時や、顧客の現場で作業するなど、100%信頼できるインターネット接続がない場合などにCADを使用するのに不可欠です。

任意のデバイスから簡単にCADにアクセス

Solid Edgeは、どこでもご利用いただけます。 ライセンスをクラウド上に置くことで、ログインするだけで、どこにいてもSolid Edgeを起動することができます。 Solid Edgeポータルを活用すると、あらゆるデバイスからオンラインでアクセスしてCADファイルを表示できます。ブラウザベースのアクセスにより、スマホ、タブレット、Chromebook、Mac、PCなどでCADファイルの表示が可能になります。 客先のパソコンやご自宅のデスクトップなど、どんな場所からでもご利用いただけます。

Design Project Mobility

自分用のCAD環境設定をいつでも手元に

自社のワークステーションを使用してから、訪問先でタブレットを使用するなど、異なるデバイスで使う場合でも、メニューオプション、カラー、単位、作図標準など、自分用に設定したSolid Edgeの環境設定がそのまま使えます。マウスを数回クリックするだけで、クラウドベースの設計作業を素早く完了することができます。

surface pro finger gestures

ソフトウェアアップデートをオンデマンドで実行可能

最新のアップデートプログラムは自動配信されるのではなく、ユーザーが好きな時に入手・インストールできるようになっています。

簡単なCADファイルの保管と共有

Solid Edgeユーザーは、Dropbox、Microsoft One Drive、Google Drive、Boxなどの一般的なクラウドベースのファイル共有ソフトウェアを使用して、CADファイルをバックアップ、共有、コラボレーションすることができます。 2つ以上のサイトに同期してデータを保管ができ、必要なデータに素早くアクセスすることが可能になります。また、ファイルロックメカニズムが導入されており、他のユーザーがせっかく行った編集を台無しにするのも防止できます。

Motor

Solid Edgeポータルによる効率的なコラボレーション

他の設計者、他部門、外部のサプライヤーや顧客とコラボした設計環境をお望みではないですか? Solid Edgeポータルでは、CADデータをクラウドにアップロードして、プロジェクトごとに整理できます。 そして、3D CADモデルを表示し、選択したモデルを他のユーザーと共有できます。 Solid Edgeポータルは使いやすく、一般的なWebブラウザからいつでもデータを取り出せます。

Cloud | Solid Edge Portal

無償のソフトウェア

設計とコラボレーションのための無償のクラウド対応ソフトウェア

無償のSolid Edgeポータルの活用

無料のアカウントを作成して、オンラインのCAD管理、閲覧、コラボレーションをお試しください。

Solid Edgeの無償評価

Solid Edge無償評価版にすぐにアクセスして、ご自分でお試しください。