リアルな3Dレンダリング

最終製品の画像データは、社内外の関係者に設計を伝えるのに役立ちます。レンダリングの優れた点は、フォトリアルな画像を、製造を開始する前に入手できることです。

Solid Edgeの無償評価版

材料、照明、環境のドラッグ・アンド・ドロップ編集

Solid EdgeでKeyShotを活用すると、3Dレンダリングを簡単に行えます。材料、色、照明スキーム、背景などを豊富なライブラリからドラッグ・アンド・ドロップするだけで、簡単に変更できます。

簡単なレンダリングのための初期設定の保存

好みの色、材料、照明を独自のフォルダーに保存して、迅速かつ容易にアクセスできるようにします。これらの材料は会社標準に設定することも、ユーザーの個人設定とすることもできます。

3D Rendering in Solid Edge

そのまま使える設定で、今までないフォトリアルなデータを作成

マーケティングとパッケージング用に写真品質の画像を生成するときには画面にパースを与えて、遠近感のあるリアルなイメージにします。照明スキームは変えずに、屋内、屋外、スタジオの環境に一致させます。

3D Rendering | Lighting

オリジナルの背景で製品にフレームを付ける

オリジナルの背景画像を使用して、リアルな環境内に仮想製品を配置します。たとえば、消費者の家庭、お客様の現場、お客様が選択した芸術的な環境などに製品を配置します。

3D Rendering | Background

ビデオ

フォトリアルなレンダリングで、作成したモデルに生命を吹き込みます

Solid Edgeにはレンダリング機能が内蔵されています。これにより、モデリング環境でフォトリアルな画像とアニメーションを作成することができます。

その他のビデオを見る

CADモデルの3Dレンダリングとビジュアル化

このビデオでは、コンセプトの伝達、販売とマーケティング用宣材の作成など、製品をビジュアル化するためのSolid Edgeのさまざまなツールについて説明します。

無償のソフトウェア

無償の3D設計ソフトウェア

Solid Edgeの無償評価

Solid Edge無償評価版にすぐにアクセスして、ご自分でお試しください。

スタートアップ企業を支援する無償のソフトウェア

事業の立ち上げから3年以内のスタートアップ企業であれば、Solid Edgeを無償でご利用いただけます。 申込金は不要です。