リアリスティックな3Dレンダリング

最終製品の画像データは、社内外の関係者に設計を伝えるのに役立ちます。レンダリングの優れた点は、リアルな写真品質の画像を、製造を開始する前に入手できることです。

Solid Edgeの無償評価版

3D Rendering in Solid Edge

電子ブック

3Dレンダリングをより良くする7つのヒント

3Dレンダリング機能によって、コストのかかるプロトタイプを作成する前に、デザインを伝達してフィードバックを取得することができます。3D表現をよりリアルに見せ、モデルの精度を上げるための7つのポイントについて学べます。

今すぐダウンロード

機能

3Dレンダリング

材料、照明、環境のドラッグ・アンド・ドロップ編集

Solid EdgeでKeyShotを活用すると、3Dレンダリングを簡単に行えます。材料、色、照明スキーム、背景などを豊富なライブラリからドラッグ・アンド・ドロップするだけで、簡単に変更できます。

簡単に参照できるように設定を保存

好みの色、材料、照明を独自のフォルダーに保存して、素早く簡単にアクセスできるようにします。これらの材料は会社標準に設定することも、ユーザーの個人設定とすることもできます。

そのまま使える設定で、今までないフォトリアルなデータを作成

マーケティングやパッケージ用に写真品質の画像を生成するには、すぐに使える照明スキームや背景を照らすスポットライト機能、霧や煙などの光散乱媒質、屋内、屋外、スタジオそれぞれに合った環境を使って、遠近感のあるリアルな感じを加えます。

デザイン内部が分かる写真品質の断面図を表現します。

オリジナルの背景で製品にフレームを付ける

オリジナルの背景画像を使用して、リアルな環境内に仮想製品を配置します。たとえば、消費者の家庭、お客様の現場、お客様が選択した芸術的な環境などに製品を配置します。

断面図によって隠れた部品を表現

Solid EdgeのKeyshot 8.1機能は、隠れている部品が見えるように、デザイン内の選択部位を任意の形状で切り取って断面を見せ、製品内部の機構をリアルに表現します。

Solid Edgeのおかげで、本格的な3Dレンダリングを完全コントロールしながら簡単に作成できるようになりました。これまでは、外部の3Dレンダリング会社に依頼をしていましたが、こちらの意向を伝えるのに数時間、返事が返ってくるのに数日間、さらに最終製品が納品されるまでに数週間かかっていました。今では、人員を増やすことなく、社内でスケジュールどおりにレンダリングできるようになりました。

Kimball、R&Dエンジニアリングマネージャー、Ricardo Espinosa氏

ビデオ

写実的なレンダリングで、作成したモデルに生命を吹き込みます

Solid Edgeにはレンダリングツールが付属しています。これにより、モデリング環境で写実的な画像とアニメーションを作成することができます。

その他のビデオを見る

CADモデルの3Dレンダリングとビジュアル化

このビデオでは、コンセプトの伝達から販売とマーケティングのためのイメージの提供まで、製品をビジュアル化するためのSolid Edgeのさまざまなツールについて説明します。

無償のソフトウェア

無償の3D設計ソフトウェア

Solid Edgeの無償評価

Solid Edge無償評価版にすぐにアクセスして、ご自分でお試しください。

スタートアップ企業を支援する無償のソフトウェア

事業の立ち上げから3年以内のスタートアップ企業であれば、Solid Edgeを無償でご利用いただけます。 申込金は不要です。