板金設計: 技術を向上させる8つの簡単なヒント

技術白書

板金設計: 技術を向上させる8つの簡単なヒント

板金部品の設計では、板金固有の課題に直面します。部品は通常、成形後の形状で設計しますが、その部品の元は平らな一枚の板です。そのため、完成部品を構成する1つ1つの形状をきちんと加工できるかどうかが非常に重要です。さらに、曲げやコーナー逃げ、留継ぎ、限界寸法 (内側または外側) と板厚を考慮しなければならないとなると、どこに課題があるかは明らかです。

このホワイトペーパーでは、板金設計の技法を改善し、生産性を向上させ、正確、迅速、かつ簡単に設計を完成させるための8つの簡単なヒントをご紹介しています。

「板金設計を向上させる8つの方法」とはどのようなものでしょうか?板金設計でCADソリューションを最大活用する手法を紹介します。• 時間を節約し、板金設計の重複を回避

  • 曲げを適切に計算
  • すぐに製造可能な展開パターンを作成
  • フィーチャの数を削減
  • スピードと柔軟性を向上
  • その他

Solid Edgeのシートメタル環境

優れた技術はパフォーマンスの向上に役立ちますが、それだけでは十分ではありません。板金設計の潜在的な複雑さを考えると、設計から製造までを通して生産性と品質を向上させるためには、高度に専門化されたツールセットが必要であることは明らかです。

Solid Edgeの中核的な設計機能であるシートメタル環境は、板金設計固有のニーズに対応し、合理的なシンクロナス・モデリング手法を採用して、設計から製造に至るワークフローを実現します。汎用CADツールと異なり、Solid Edgeには、エンボス、ディンプル、穴あき絞り、ビード、コンターフランジ、ストレートブレーキ、エッチングなどの板金加工に固有の機能が付属しています。 Solid Edgeに統合された解析ツールや、NCプログラミング、その他のツールによって、設計時間の短縮、品質の向上、コストの低減を図ることができます。

関連性のあるコンテンツ

押さえておきたい4つのポイント

ダウンロードするには、以下のフォームに入力します。