ジェネレーティブデザインとは

電子ブック

ジェネレーティブデザインとは

ジェネレーティブデザインは、トポロジー最適化とも呼ばれ、定義された材料、制約および応力に基づいて、最も効率的な形状を決定するプロセスです。これにより、モデリングはコンピュータ支援によるものからコンピュータ駆動 によるものとなり、その結果、非常に自然なフォームとなります。

相違点

従来の設計では、一般に複数のコンセプトを作ってから、設計目標に基づいて1つ以上のコンセプトを評価していました。ジェネレーティブデザインでは、設計目標から始めます。次に、その目標を実現するための最適化された設計オプションが、アルゴリズムによって自動的に生成されます。設計を複数回反復し、さまざまな目標(軽量化など)を達成するためのオプションを識別することができます。このプロセスの結果、自然界に見られるのと同じような有機的形態が得られることがよくあります。

Solid Edgeでのトポロジーの最適化

Solid Edgeでは、Solid Edge 3Dモデリングツールキットに高度なトポロジー最適化が統合されているため、設計者が、より軽量のコンポーネントを作成し、下流の製造での製造材料の無駄を最小限に抑え、鋳造または高解像度3D印刷に最適の高度にカスタマイズされたデザインを作成するのに役立ちます。Solid Edgeは、「そのまま印刷可能な」サーフェス品質を得られるという点で独特の機能です。この電子ブックでは、以下の内容を学習します。

  • ジェネレーティブデザインの基礎
  • 最適化された形状を作成するための手順を追った方法
  • ジェネレーティブデザインのための製造オプション
  • Solid Edgeでの強力な機能
ダウンロードするには、以下のフォームに入力します。