Solid Edge PCB Design

プリント基板設計にも、エレ・メカ協調を取り入れます。業界で実績のある回路図入力およびPCBのレイアウトツールを使用してプリント基板設計を行うことで、コスト高につながる再設計を、エレキ・メカ両方の側面で避けることができます。

Solid Edge PCB Designツールを活用すると、ECAD/MCAD設計チーム間でリアルタイムで連携して、設計サイクルの初期段階での電気機械設計の課題を克服できます。

ホワイトペーパー

電気機械設計コラボレーションの改良方法

効果的なコラボレーションにより、どのようにして生産性を高め、ロバストな設計を実現できるでしょうか。また電気設計チームと機械設計チームをつなぐにはどうしたらよいでしょうか。

ホワイトペーパーを読む

機能

設計開発を加速

Solid Edge PCB Designにより、スケッチ配線、階層的に表示される2D/3Dの計画および配置、ECADとMCADのコラボレーションなどができる、回路図入力およびPCBのレイアウトツールを提供しています。

  • 繰り返される設計変更でも双方向のやりとり、電気分野と機械分野間のレビューと承認プロセスの自動化によって開発を加速させます。
  • 3D PCB環境で、各領域のチェックを実施し、潜在的な干渉をリアルタイムに特定するために問題を可視化します。
  • プリント基板を迅速にキャプチャーしてレイアウトし、そのうえで回路とレイアウトを検証しアップデートします。
  • 自動化された配置計画と管理、自動支援付きのインタラクティブなスケッチ配線、拘束駆動型ルーティング、高速ネットなどを利用できます。
  • ライブラリおよび部品リポジトリへアクセスし、迅速な部品検索およびモデルのダウンロードのためにコンポーネントデータベースに簡単に接続することができます。

ビデオ

実際に使用されているPCB設計をご覧ください

その他のビデオを見る

Solid EdgeでのPCB設計とコラボレーション

配置、拘束、設計ルールチェック(DRC)、写真のようなビジュアル化機能を備えた完全統合された3Dレイアウトによって、MCADのやり直しを最小限に抑えます。Solid Edge PCB Designは、動的干渉検出およびバッチ検証機能を搭載した3D拘束の完全なセットを使用して、エラーのない電気機械設計を実現します。