サーフェスモデリングを極めるための5つのベストプラクティス

技術白書

サーフェスモデリングを極めるための5つのベストプラクティス

サーフェスモデリングのベストプラクティスは、ソリッドモデリングと大きく異なります。サーフェスモデリングでは、形状の美しさだけでなく、機能要件も満たせるだけの柔軟性と創造性が求められます。CAD (コンピューター支援設計) ソフトウェアでより優れた曲面形状を作成するには、どのようにアプローチを変え、ワークフローを改善すればよいでしょうか?

サーフェスモデリングを極めるための5つのベストプラクティス
サーフェスモデリングを極めるための5つのベストプラクティス

この電子ブックで、実際のプロジェクトで実践できるサーフェスモデリングのベストプラクティスを紹介します。

内容

CADソフトウェアを使って曲面形状を作成する5つのベストプラクティスを紹介します。以下の作業を始め、一般的なサーフェスプロジェクトのワークフローを改善するヒントを見ていきます。

  • モデルのさまざまな領域を定義
  • モデルの各領域の機能を定義
  • どのフィーチャタイプをどの機能領域に使用するかを決定
  • ジオメトリを検証するための技法を評価

Solid Edgeとサーフェス処理

Solid Edgeは、パワフルで安定した機能を使ってサーフェスプロジェクトで遭遇するあらゆる状況に対処します。Solid Edgeのサーフェス処理は、オーダードモードとシンクロナスモードのどちらにも対応していますが、複雑な補間パターンにはオーダードモードを使用します。Solid Edgeのユニークな特長は、スケッチにはシンクロナスモード、実際のフィーチャにはオーダードモードを使用する点です。これにより、リアルタイムの編集が可能になり、スプラインスケッチでさえドラッグすることで曲面を変えることができます。

Solid Edgeは、角柱サーフェスを処理する際、シンクロナスモードのすべての機能を維持します。また、シンクロナスツールを使えば、1つのモデルの中でソリッドボディとサーフェスボディの移動や配置が可能です。


関連リソース:
シンクロナス・テクノロジーを採用したSolid Edgeの無償評価版をお試しいただけます。

以下のフォームに記入してダウンロードしてください。

初めてご登録する場合、登録直後に送られる自動メールの中にある「電子メール・アドレスの確認」ボタンをクリックしてください。