意図したとおりの電気機械設計を実現

電子ブック

意図したとおりの電気機械設計を実現

消費者が革新的でスマートな製品を求めるようになった結果、新しい製品には多くの電気回路が使用されるようになってきました。かつては大半が機械システムで構成されていた製品ですら、ソフトウェアと電気配線を含む電気システムと機械システムの統合が進んでいます。一方、限りあるスペースの機械パッケージ内に実装される電気システムを設計、最適化するにはどうすれば良いでしょうか。

「意図したとおりの電気機械設計を実現」と題したこの新着ホワイトペーパーでは、デジタル・モデルを活用して電気機械設計を自動化する効果的なコラボレーション環境を考察しています。デジタル環境であれば、コンポーネントの追加といった各種の変更が設計にどのような影響を及ぼすかを簡単に理解できます。

デジタライゼーションが電気機械設計課題の解決にどう役立つかを学べます。

  • 緊密に統合されたソリューションを使用して複数の領域をまたぐ協調設計を実現することで、エンジニアリングプロセスを合理化
  • 物理試作品を作成し、それを使って試験する必要性を減らしつつ、最終製品の信頼性と堅牢性を確保
  • 電気機械システムをより迅速かつ高いコスト効果で設計することで、製品開発を加速

技術はイノベーションを発揮するための糧ですが、小型化、高速化、軽量化、高密度化、低コスト化を求める声は、開発者にとって気楽なものではありません。より多くの電気配線と電気回路をより小さい設計フットプリントに統合するという挑戦を意味するからです。機械パッケージ内で正しく機能する複数の電気システムを設計し、最適化することは、最難関の設計課題です。電気領域と機械領域を統合させ、コラボレーションできる環境が必要です。

Solid Edge Wiring Designを使用すると、シームレスな電気設計と機械設計統合 (ECAD-MCAD) 環境で、完全な機能性を持った製造可能な設計データを作り上げることができます。設計作業を自動化する多くのインテリジェンスが内蔵されており、直感的なユーザーインターフェース、電気的にインテリジェントなシンボル、自動部品選択などの機能を使って完全な電気回路図を容易に作成できます。

電子ブックのダウンロード

ダウンロードするには、以下のフォームに入力します。